中学受験は家族の協力もあってこそ!

中学受験。多くの方が、この言葉を耳にされたことがあるかと思います。中学受験について、少しお話しをさせてください。

まず志望校の決め方ですが、お考えになっている各学校の説明会や、学園祭などに足を運び、それぞれの学校の先生や生徒、学校の雰囲気などを観察して参考にしてもよさそうです。
実際に通われてる方が身近にいらっしゃるなら、そういった方からお話しをうかがってから決めるというのもいいと思います。

中学受験によって入学する学校には大学まで上がれるエスカレーターのところもあれば、中、高一貫のみのところもあります。
親御さんの希望というものもありますが、子どもさんが通う学校です。ご家族での話し合いも大切です。

中学受験することを決めたら、4年生の3学期の2月頃には、本格的に受験に直結する内容を学習し始め、遅くても5年生の1学期の4月には始めるというご家庭が多いようです。
それくらいのタイミングから受験に備えた学習をし始めると、6年生の夏前には一通りの学習を終了するような形になり、夏以降3学期の2月までは練習、確認期間となるということです。
親御さんも、子供さんと一緒に最近の過去の問題集から古い過去の問題集まで目を通して、出題傾向を探るということをしてもいいですね。