中学受験の前にするべき大切なこと

中学受験の前にするべき大切なこと

中学受験の前にするべき大切なこと 中学受験を考えたとき、一体いつからその準備をしたらいいか迷いますよね。
大体が、小学4年生から始める人が多いようです。3年間、ゆっくりと中学受験の準備ができるからでしょう。

9歳くらいまでの子供は、思ったことをすぐに言葉にします。どうして?の疑問も多くなり、すぐに親に聞いてきます。
そんな時は、すぐに対応してあげて下さい。
最近の親は、スマホ等に夢中で子どもを見ていない親をよく見受けます。それでは、子供は親の愛情も温かさも感じられないまま育っていきます。
子どもにとって最も大事なのは、親とのスキンシップです。抱きしめたり頭を撫でてあげたりする事で、子どもは親の愛情を受け止めて育っていきます。「見守っている」それを子どもに伝える事です。

また、小さい時から本や辞書を身近に置いておきましょう。
本に慣れ親しむ習慣をつけることは、学びの第一歩です。

子どもが、心身共に大きく成長するのは9歳ごろです。その頃までは、「勉強、勉強」と言わないで、自然と触れる機会を増やすことが大切です。
夏のキャンプに行ったり、天体観測や植物園へ行ったりして自然を見ることで五感を学ぶ経験を大事にしましょう。
それを充分に身につけてから中学受験を始めて下さい。

〔トピックス〕